梅花祭
(ばいかさい)

梅の花を愛した菅原道真の命日にちなんで2月25日に京都府京都市の北野天満宮で行われる。本殿の神事では、道真の霊を「なだめる」という音に通じる菜種(菜の花)を冠につけた神職が、梅の小枝や約40キロ の蒸し米などを神前に供えます。境内では、約2000本の梅が紅白の花をつけ、参拝者らは、ちらほら咲きからほぼ満開 の早咲きまで花の香りを楽しみながら散策します。上七軒の芸妓たちの奉仕で野点も行われます。
公式サイト
最終確認2016年12月


天神様 ガラスケース入り学問の神様 菅原道真【着付け京風天神ガラスケース飾り F...



写真集(bing)

映像集(Youtube)

特選!お祭り集