浅草寺金龍の舞

3月18日に、東京都にある浅草寺境内で行われる。推古天皇36年3月18日、現在の隅田川から浅草寺のご本尊である「観世音菩薩」が出現したおり、同時に現れた守護の竜神が金色の鱗を輝かせたという伝説にちなみます。この日を記念して行われる「示現会」の中で披露されるのが金龍の舞。長さ15メートル、重さ80キロの金龍が、約30人の舞方と共に金の鱗を光らせて舞い踊る。東京下町の代表的な祭りとして知られているそうな。
公式サイト
最終確認2016年12月


建物シリーズNo.20 浅草寺【建-20】 【税込】 フジミ [F ケン20セン...



写真集(bing)

映像集(Youtube)

特選!お祭り集