那智の火祭り
(なちのひまつり)


7月14日に和歌山県にある熊野那智大社で開かれる行事。正式には「那智の扇祭り」。日本三大火祭りの一つに数えられる。十二体の熊野の神々が、扇みこしに乗って本殿から那智の滝へ里帰りするという神事です。午前中は、稚児による大和舞や那智の田楽(国指定重要文化財)の奉納があり、午後からのクライマックスは、白装束に烏帽子(えぼし)姿の氏子たちが、燃えさかる大たいまつ(直径約50センチ、重さ約50キロ)を担いで勇壮に滝前の石段を練り歩きます。
公式サイト
最終確認2016年12月


懐中烏帽子 縁本皮
価格:10800円(税込、送料別) (2016/12/21時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


写真集(Yahoo!Japan)

映像集(Youtube)

特選!お祭り集